文房具

ボールペンのインクが出ない原因と5つの対処法。書けないペンを復活させる方法とは

  • ボールペンのインクが出なくなる原因は?
  • どうしたらまた書けるようになる?

ボールペンを使っていると、「まだインクが残っているのに、なぜか書けなくなってしまった」なんてこともあるのではないでしょうか。

もちろん、リフィルを替えれば解決するのですが、リフィルが手元にない場合や交換したばかりの場合、なんとかしてまた書けるようにしたいですよね。

この記事では、ボールペンのインクが出ない原因や対処法をご紹介していきます。

「インクが出なくなったボールペンを何とかしたい」という方は、ぜひチェックしていってくださいね。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

ボールペンのインクが出ない原因

ボールペンのインクが出なくなるのは、主に次のような原因があります。

  • ペン先に異物がつまっている
  • インクが固まっている
  • インクの中に空気が入っている
  • ペン先が壊れている
  • インクが古い
  • インクが残っていない

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

ペン先に異物がつまっている

一般的なボールペンは、次のような作りになっています。

引用元:PILOT

上の図のように、ペン先のボール部分が回転することでインクが出る、という仕組みです。

このペン先の部分に異物がつまった場合、ボールが回らなくなってしまい、インクが出なくなることがあります。

つまることが多いのは紙の繊維やほこりなので、紙の材質や保管場所には気をつけたいですね。

インクが固まっている

インクは低温や乾燥などが原因で、固まってしまうことがあります。

ペン先の部分でインクが固まると、ボールが回らなくなり、書けなくなってしまうのでご注意くださいね。

インクの中に空気が入っている

ボールペンのペン先が横や上を向いた状態で使用すると、次の図のようにペン先から空気が入ることがあります。

引用元:ZABLA

インクの中に空気が入ると隙間ができてしまい、書けなくなってしまう原因に。

メモ帳などを手に持って書く場合や、壁掛けのカレンダーに記入する場合などに起こりやすいです。

ペン先が壊れている

ボールペンのペン先部分は繊細なので、ぶつけたり落としたりすると壊れることがあります。

ペン先が壊れてしまうと、インクが残っていても、自分で直して書くことは難しいです。

インクが残っていない

インクが残っているように見えて、「実は残っていない」ということもあります。

特に、インクのチューブに色がついているタイプの芯の場合、インクがどのくらい残っているのかわかりにくいことも。

引用元:ZABLA

上のようなタイプの場合、Aの部分が透明になったらインク切れです。

引用元:ZABLA

上のタイプの場合は、色の濃淡でインクの残量を見分けることができます。

確認方法は芯のタイプによっても異なるので、わからない場合はそれぞれのメーカーにお問い合わせくださいね。

インクが古い

ボールペンのインクには寿命があります。

古くなるとインクの溶剤が揮発して、書きにくくなる原因に。

2~3年が目安と言われているので、なるべく新しいうちに使いたいですね。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

ボールペンのインクが出ないときの5つの対処法

ボールペンのインクが出なくなってしまった場合、どのようにしたらよいのでしょうか?

ここでは5つの方法をご紹介していきます!

  • ペン先を拭く
  • ペン先を水でぬらす
  • ティッシュに円を描く
  • インクを温める
  • ボールペンを振る

インクが出ない原因にもよりますが、上の方法で書けるようになることがあります。

メーカー推奨ではない方法も含まれるので、大切なボールペンの場合は無理をせず、メーカーにお問い合わせくださいね。

①ペン先を拭く

ティッシュでペン先を拭く

ペン先に異物が付いている場合や、軽くつまっている場合などは、ペン先を拭き取りましょう。

手で取ろうとすると、インクが指について落ちにくくなってしまうことがあるので、使い捨てられるティッシュやいらない布などがおすすめ。

硬いもので拭くと、傷を付けてしまう恐れがあるので、なるべく柔らかいものを使って丁寧に拭き取ってくださいね。

②ペン先を水でぬらす

水性のインクがペン先で固まってしまった場合、水にぬらすことで書けるようになることがあります。

ぬらしたティッシュなどにペン先を押し付け、紙に円を描く、をくり返し行ってみてください。

水性のボールペン以外では故障の原因になるので、水には付けないでくださいね。

③ティッシュに円を描く

ティッシュに円を描く

ペン先にインクがつまっているときなどは、ティッシュに円を描くことでつまりが取れることがあります。

ティッシュを数枚重ねるか、四つ折りくらいに折り重ねて厚くし、その上でぐるぐると円を描いてみてください。

ティッシュの摩擦を利用してペン先のボールを動かすことで、インクが出やすくなりますよ。

④インクを温める

インクが冷えて固まってしまった場合、温めることで書けるようになることがあります。

ボールペンを手のひらで包み込むようにし、体温で温めるのがおすすめ。

ドライヤーや火などは故障や火傷などの危険があるので、使わないようにしてくださいね。

⑤ボールペンを振る

ボールペンに輪ゴムを固定する

インクの中に空気が入ってしまった場合、ぶんぶんゴマの要領でボールペンを回転させ、遠心力で空気を押し出す方法があります。

  • 輪ゴムをボールペンの真ん中あたりにテープで固定する
  • 輪ゴムの両端を持ち、ボールペンを縦に回転させてねじる
  • 限界までねじったら、ゴムを横に引く
  • ボールペンが勢いよく回転し、空気が抜ける

回転時にインクが飛び散る可能性があるので、ご注意くださいね。

気になる方は、袋に入れて振り回してもOKです。

ぶんぶんゴマの回し方は、こちらの動画を参考にしてください。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

まとめ

今回は、ボールペンのインクが出ない原因や対処法をご紹介してきました。

インクが出ない場合の対処法には、次の5つがあります!

  • ペン先を拭く
  • ペン先を水でぬらす
  • ティッシュに円を描く
  • インクを温める
  • ボールペンを振る

インクが出ない原因にもよりますが、上の方法で書けるようになることがあります。

ただし、大切なボールペンの場合は無理をせず、メーカーにお問い合わせくださいね。

ボールペンは低温や乾燥、使用状況などによってインクが出なくなることがあります。

長く使うためには、保管場所や筆記の向きなどにも気をつけたいですね。

\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

-文房具